夏ですね!

あっという間に7月も後半になってしまいました。
京都では祇園祭も終わり連日体温か?ってくらいの気温に倒れそうです。

この時期本当にわんちゃん達の体温調節には気をつけてあげて下さいね。

それから雷の時期でもあります。
ビックリして飛び出して迷子になってしまうことも珍しくありません。
首輪や迷子札は必須です!

ところで私は長いこと「犬の迷子札」が「dog tag」だと思っていたら違うのですね。

「dog tag」は元々アメリカの兵隊さんが付けていた認識票の呼び名だったそうです。
何故認識票が「dog tag」なのかは分かりませんが、最近は「IDタグ」と呼ぶそうです。
ファッションのアイテムとして「dog tag」をネックレス代わりに身につける若者もいるみたいです。

もちろんワンちゃん用の迷子札としても、人間の「dog tag」と同じ素材で同じように刻印されたものをよく見かけます。
ワンちゃん用のは、骨型の可愛いタイプとか、素材も色々あって、ゴージャスな飾り付きもあり選ぶのも楽しいです!
170721

フルーツが美味しい季節!

最近のお気に入りはこれです!

皮ごと食べられる種の無いブドウ。
170619
何が良いって、さっと洗ってすぐに食べられる手軽さと、なんと言ってもジューシーなブドウの甘さがたまりません!

ところで、ブドウがワンちゃん達に食べさせてはいけない食べ物だというのをまだご存じない方もおられます。

これから美味しいブドウが出回る季節ですが、ネギやチョコレートに並び食べさせてはいけないモノなので気をつけて下さいね。

もちろんレーズンやワインもダメですよ!

熱中症にご注意下さい!

170512
どこにでもワンちゃん達と一緒に出掛けたい気持ちは分かりますが、行き先でのワンちゃん達の過ごし方を十分検討して、連れて行くかどうかを決めて下さいね。

とは言え、お留守番の場合は室内の温度も気をつけてあげて下さい。
お家の中でも締め切ってしまうとかなり室温が上がります。

エアコンを使用するか、窓を開けて調整するなどの工夫をして上げて下さい。

新人さん達。

5月になって、新人さんたちは新しい職場環境にも慣れた頃でしょうか?
当院でも新しいスタッフが頑張ってくれています。

新しいと言えば、春に子犬を迎える人が多いそうです。
子犬を迎えてまず始めないといけないのは、お家の中や家族の一員としてのルールを覚えて貰う事ですね。

「パピーの社会化期」は生後3ヶ月くらいまでと言われています。
あっという間ですね。

ワクチン接種の関係でこの時期は外に出られない時期でもありますが、出来るだけ色々な人や場所モノになれて貰うように工夫が必要になります。

病院に慣れる練習中のパピーちゃんです。
17051200
特に大型犬は大きくなると力も強くなるので、パピーの頃から色々な練習が必要ですね。

喉仏様

突然ですが「喉仏」は人間だけで無く、ワンちゃんや猫ちゃんにもあります。

人間で「第2頸椎」(背骨の2番目)と呼ばれているところで、ワンちゃんや猫ちゃんも同じ骨です。
170316

私も自分ちのわんこが亡くなった時、火葬場のお兄さんが「これが喉仏ですよ。綺麗に残っていますね」と説明をしてくれて初めて見ましたが、本当に仏様が手を合わせているように見える不思議な骨でした。

人間の特に男性の喉にある、外から見て膨らんだ部分の「喉仏」は「甲状軟骨」と呼ばれている骨で、火葬したときに出てくる「喉仏」とは別だそうです。
知りませんでした。

まだまだ世の中には知らないことが沢山あります。

京都の春。

三寒四温。

3日寒い日が続いて4日暖かい日が続くと言う意味ですが、私は春の事だと思って使っていましたが、正確には冬の季語らしいです。
びっくりです。

でも最近は春に使ってもおかしくないとか。

日本語って本当に難しですね。

それで、京都の春。
ただ今まさにこの「三寒四温」という言葉がぴったりな気候が続いています。
今年は少し遅かった桜のお花も、各所でようやく咲きそろって来ました。
N1146_kurumanomadodeneruinu_TP_V1
お出かけシーズン突入ですね。

ところで4月1日より始まった平成29年度の狂犬病予防接種。
京都市内だと、病院で受けても集合注射で受けても同じ値段ですので、ご都合の良い方で接種して下さいね。

大勢のワンちゃん達がいて興奮してしまう子は、病院で落ち着いて接種されることをお薦めします。

ホワイトデーですね!

院長から頂きました。
173014
院長はいつもきちんとお返しをしてくれます!

お返しは奥様チョイスですが、いつも私の好きそうなモノを選んで下さって感激です。

最近の企業は「バレンタインデー」「ホワイトデー」を廃止する傾向にあると聞きましたが、私は職場を楽しくするひとつのイベントとして廃止して欲しくないな〜と思います。

毎日忙しかったり、大変だったり、悲しいお別れもあったりする仕事ですから、時にはこう言うちょっとしたハッピーなことがあると嬉しくなります。

院長、有り難うございました!

バレンタインで頂いた可愛いシリーズ。

最近のバレンタインデーは、女の子から男の子へ贈るモノとは限らないそうですね。
女の子から女の子への「友チョコ」。
または自分で買う「自分へのご褒美チョコ」が増えているとか。
良い時代になりました。

院長の若い頃は、病院の前にトラックでどどんとファンからチョコレートが届けられたと言う伝説があります。
伝説と言うより妄想かもしれませんが。(笑)

最近は院長よりも、息子さん達の方に頂くチョコの数が多いとか少ないとか。
今年息子さん達に頂いた可愛いチョコシリーズです!
170215
もう、どれも可愛くて食べるのが勿体ないですよね。

ペットのお守り

京都には多くの神社仏閣があるのですが、その中でも最近ペット用のお守りを扱っているところがちらほらあります。

当院の近くにある「須賀神社」もその一つで、とても可愛いペット用のお守りが頂けます。
170204
刺繍の肉球が可愛いです!

色はピンクとブルーがあるので、男の子と女の子で選べて楽しいです。