京都市  はっとり動物病院
お気軽にお問い合わせ下さい。075-752-3400

◆ 社会化期とは?

飼い主さんがしてあげられることが沢山あります。

わんちゃんには社会化期という時期があります。それは生後3週齢から14週齢の期間と言われています。 この時期に色々な刺激に慣れながら飼い主さんたちや周囲との繋がりを作るそうです。

この時期に視覚、嗅覚、聴覚、触覚、なども色々な刺激を受けることで、生活環境の中での刺激に対しての適応能力のあるわんちゃんに育っていくことになるそうです。
出来るだけ色々な人、他の動物などと触れ合ったり、色々な場所にも慣れて貰うことが大切です。 社会化時期の過ごし方によって、わんちゃんの将来にとってとても大きな影響が出ます。

大きな音に対して過剰に反応する子も多いですね。音に限らず、怖い物が多いとわんちゃんもストレスを抱えて生活しなくてはいけなくなります。

そうならないようにも、それらの刺激に少しずつ慣れて貰えるように練習しましょう。

参考


そして社会化時期を過ぎても、継続して練習して下さい。

生後4ヶ月くらいから、今まできちんと出来ていたことをやらなくなったり、急に音を怖がったりということもあります。

そこでやめてしまうと、社会化期に練習した良い効果が無くなってしまうこともあります。 「小さい頃は雷も平気だったのに、大きくなったら怖がるようになった」という子も少なくりません。

わんちゃんが、ストレスなく、飼い主さんと一緒に楽しく過ごせるように、社会化期から色々な練習をしていって下さいね。

↑上に戻る

病院・外観

地図

〒606-8351 京都市左京区岡崎徳成町10-11
075-752-3400

→ Google Mapで見る