京都市  はっとり動物病院
お気軽にお問い合わせ下さい。075-752-3400
  1. >
  2. >
  3. >
  4. ブラッシングやシャンプーが苦手

◆ ブラッシングやシャンプーが苦手

シャンプーやブラッシングを怖がらない方法は?

最近はわんちゃんもおうちの中で一緒に暮らしていることも多いのではないでしょうか?

犬種によっては、ブラッシングやトリミングが必要な子たちがいます。
そうでなくても、一緒に暮らすとなると、わんちゃんにも綺麗でいて貰いたいですよね。

毛の長さに寄って色々道具を使い分けながら、わんちゃんが嫌がらないように馴らしていってあげて下さい。
まずはおやつを与えながら、わんちゃんがあまり気にならないところからゆっくりブラッシングを始め、徐々に出来る範囲を広げていって下さい。
気になる部分があると、無理にブラッシングせず、一旦やめて様子を見て下さい。

おやつの種類を変えて、わんちゃんがおやつに集中してブラッシングが気にならないようであれば「良い子だね〜」など、優しく褒めてあげるのも大切です。

とにかくブラッシングに対して「嫌なイメージ」を与えないように注意しましょう。

シャンプー

シャンプーも、嫌がる場合はいきなり水をかけるのではなく、足先や体の一部分などから始めて徐々に馴らしてあげて下さい。
それでも嫌がるようでしたら、濡らしたタオルで拭き取ることから始めてみましょう。

こちらも「良い子だね〜」などわんちゃんが喜ぶような言葉をかけながら、シャンプーが嫌なモノではないという印象を与えるように気をつけて下さい。

衛生的な面だけでなく、皮膚トラブルがあった場合シャンプーは必要になってきます。皮膚病で弱っている時にシャンプーがストレスになってしまっては、治療にも影響してしまいます。

そんな時に慌てなくて済むように、出来るだけ小さいうちからシャンプーやブラッシングに慣れて貰いましょう。

↑上に戻る

→ワンちゃんに出会うと吠えたり、怖がったりする
病院・外観

地図

〒606-8351 京都市左京区岡崎徳成町10-11
075-752-3400

→ Google Mapで見る