京都市  はっとり動物病院
お気軽にお問い合わせ下さい。075-752-3400

◆ トイレが覚えられない

【トイレトレーニング】は方法です!

トイレトレーニングは「失敗させない」ことがたいせつです。

そのための環境作りとして、長方形のサークルを用意して下さい。長方形のどちらかの隅にベッドなど子犬がくつろいで過ごせる居場所を作ります。中央はスペースを空けて、居場所の反対側の隅にトイレを用意して下さい。

トイレが覚えられない

子犬の排泄のタイミングを観察して下さい。寝起きの時、遊んでいる時、ご飯の後など、普段のタイミングをよく観察して、排泄しそうなタイミングの時にはサークルに入れて、排泄してからまた外に出してあげて下さい。

上手に出来たら必ず褒めてあげて下さい。 時には失敗することもありますが、決してしからず黙って静かに処理をして下さい。トイレの失敗をしかることにより、子犬は「排泄すること」をしかられたと思って、飼い主さんが見ていない時や隠れて見えない場所でこっそり排泄しようとする場合があります。

排尿のタイミングとして
月齢+1=排尿時間の間隔 と考える方法もあります。
つまり生後3ヶ月の場合 3+1=4で4時間毎くらいも排尿する可能性があると考えます。

排便は
食事回数+1=排便の回数 と考えて
1日3回食事をあげたら 3+1となり、3〜4回くらい排便する可能性があると考えます。

子犬の排泄のタイミングや排泄前の特徴的な行動を知って、失敗させない環境作りを心がけて下さいね。

↑上に戻る

→家の中のいろんなものを壊す
病院・外観

地図

〒606-8351 京都市左京区岡崎徳成町10-11
075-752-3400

→ Google Mapで見る